ダウンロード
旭川市都市計画マスタープラン
地域別
03_chiikibetu_koso.pdf
PDFファイル 5.6 MB

 

テキスト ボックス: 第テキスト ボックス: 二テキスト ボックス: 章テキスト ボックス: 地テキスト ボックス: 域テキスト ボックス: 別テキスト ボックス: 構テキスト ボックス: 想 

 


都市計画マスタープラン地域別構想について

テキスト ボックス:

地域別構想は,旭川市を12の地域に分けて,地域づくりの基本的な方針を定めています。   

 

                                 地域別構想区域図

    56

第2章 地域別構想

 

第1節 中央地域

 

 

    地域の特性

商業機能,業務機能,行政機能,文化機能,交通機能などの中枢的な都市機能が集積しています。また,「北彩都あさひかわ整備事業」が進み,新たに都市的な魅力が高まっています。

石狩川,牛朱別川と忠別川にはさまれ,都市のオアシスとなっている河川緑地が整備されているほか,「北彩都あさひかわ」,買物公園,7条緑道,常磐公園などにより緑のネットワークが形成されています。

「北彩都あさひかわ整備事業」により,JR旭川駅前広場や神楽地域と連絡する新たな橋・道路が整備されるなど,交通機能の強化に向けた取組が進められています。  

    地域づくりのテーマ

中央地域は,商業機能,業務機能,行政機能,文化機能,交通機能など旭川の中枢的な機能が集積し,市内外の多くの人が集まる場所であり,「住む・働く・楽しむ」が集約された魅力的な地域づくりを進めます。中央地域では,地域づくりのテーマを『人が暮らし,行き交うにぎやかな地域づくり』とします。

 

 

人が暮らし,行き交うにぎやかな地域づくり

  

3 地域づくりの目標

   都市機能の充実と新たな機能の導入による中心市街地づくり

JR旭川駅や買物公園など旭川のシンボル的な空間や,中枢的な機能の集積をいかし,既存の都市機能の充実と新たな機能を導入しながら,これら機能が連携した,旭川の顔となる中心市街地づくりを進めます。  

   歩いて楽しいにぎやかな地域づくり

にぎやかな都心部を創出するため,商業機能の充実を促進するとともに,常磐公園,石狩川,忠別川などの豊かな自然環境と,様々な都市機能を歩行者動線で結ぶことで,季節を通じて歩いて楽しめるにぎやかな地域づくりを進めます。  

   土地の有効利用による良好な住宅地づくり

都心環状道路の内側の住宅地は,未利用地の高度利用を促進するとともに,各種施設のバリアフリー化,街路樹や花などによるうるおいの向上,面的整備による市街地の更新により,利便性と快適性を感じることができるような住環境を整え,まちなか居住を進めます。

4 地域づくりの基本方針

(1)土地利用

中心市街地における未利用地を有効に活用しながら,経済,文化,教育,福祉,住宅などの都市機能を集積し,旭川の新たな魅力となる都市空間を創出します。

買物公園や銀座通周辺地区など既存商店街において,市街地や店舗の再整備,未利用地を有効活用するとともに,商業,サービス,娯楽,レクリエーションなどの機能を強化し,市民をはじめ観光客が集うにぎやかな中心市街地を創出します。

「北彩都あさひかわ」は,豊かな自然環境である忠別川の水や緑と調和した親水性の高い空間として整備し,都心のオアシスとして市民に親しまれる交流空間を創出します。

「北彩都あさひかわ」,買物公園,7条緑道,常磐公園などを安全・快適に回遊できる歩行者動線となる緑のネットワークを整備するとともに,休憩や交流ができる緑の空間を創出し,一体的な中心市街地として各機能の連携や魅力を高めます。

土地の高度利用に合わせた良好な住環境を創出し,まちなか居住を促進することで,中心市街地のにぎわいを高めます。

 

(2)都市交通整備

地域内外の連絡性を高める中央地域の骨格として,主要幹線道路である神居旭山通及び幹線道路として昭和通,永隆橋通,宮下通の整備を進めます。

移動の安全性や道路空間の快適性に配慮しながら,主要幹線道路や幹線道路を補完する道路の整備を進めます。

通勤,通学,買物などの日常の移動に対応する自転車道のネットワーク化を進めるとともに,『旭川市駐輪場基本計画』に基づき,行政・民間・市民がそれぞれの役割を分担しながら駐輪対策に取り組みます。

広域的なレクリエーションに対応しつつ,自動車以外でも安全に移動ができる地域づくりを進めるため,石狩川,牛朱別川,忠別川の河川空間や主要幹線道路,幹線道路を活用したサイクルネットワークの形成に取り組みます。

バス発着施設の集約や駐輪場・駐車場を含めたJR旭川駅前広場の再整備により,鉄道,バス,自動車,自転車による交通結節機能を強化し,交通の利便性を向上させます。

利便性や安全性を高めるため,段差の解消,誘導ブロックの設置など,歩行者空間のバリアフリー化を進めます。

自動車交通の円滑化や利便性の向上に取り組むとともに,駐車待ちが生じないよう,行政と民間がそれぞれの役割を分担しながら駐車場整備を推進します。

 

(3)公園緑地,河川整備

常磐公園に隣接した親水空間や自転車・歩行者道などの利便性や快適性を高める環境整備を進めます。

既存の公園を保全するとともに,整備から相当年数が経過している公園につい ては,だれもが利用しやすく,親しみがもてる身近な公園,広場として再整備や改修を進めます。また,宮前公園の整備を進めます。

石狩川,牛朱別川,忠別川の河川緑地や河畔林を保全し,魚や鳥などが生息する「多自然川づくり」を進めます。また,サイクリングロードなどレクリエーション空間として河川敷を活用します。

地域になじみのある樹種により,買物公園や銀座通などにつながる並木道のネットワーク化を進めます。

「北彩都あさひかわ」には,忠別川の豊かな自然環境と周辺の緑地が連携した都心部にふさわしい川のガーデンを整備します。  

(4)  環境保全

大気の汚染を抑制するため,樹木の保全や道路などの緑化に取り組みます。

環境負荷を軽減させるため,自動車交通の分散化・円滑化や,交通結節機能の強化に取り組むことで,徒歩や自転車,公共交通機関の利用を促進します。

河川の水質を保全し,快適な生活環境を確保するため,市街地における公共下水道の整備を進めます。  

(5)  景観形成

新町地区,曙地区,朝日地区など閑静な住宅地において,うるおいの感じられる景観づくりを誘導します。

旭川のシンボルである買物公園周辺は,旭川の特徴を表現する空間として,建築物や屋外広告物などのデザインのルールに基づき,にぎわいの感じられる商業地景観の形成を誘導します。

「北彩都あさひかわ」は,地区計画や景観計画重点区域の指定により,建築物や植栽,屋外広告物などに関する方針に基づき,水と緑が調和した都心景観の形成を誘導します。

地域内に点在する歴史的な建築物や寺社の保全・再利用を促進するとともに,歴史的な建築物が多く集まる通りについては,歴史性に配慮した景観づくりを進めます。

台場4条通(国道 12 号,国道 39 号など)や嵐山通,4条東鷹栖通,1条通において,街路樹や花による緑化に取り組み,道路景観の向上を目指します。

河川緑地の保全や堤防の緑化などにより水と緑が豊かな河川空間を形成するとともに,氷点橋,クリスタル橋は河川空間との調和に配慮し,市民に親しまれ,後世に残せる旭川らしい風景を創出します。

 

(6)都市防災

災害に強い地域づくりを行うため,災害時における避難地を確保するとともに,だれもが安全に避難できるように避難路となる道路のバリアフリー化などを進めます。

雪に強い都市づくりを行うため,流雪溝の適正な管理に努めます。  

 

 

 

 
 


                                                                                                                                                                                                              500                                                                                     1000m

 

 

 

第2章 地域別構想

 

 第2節 東地域  

    地域の特性

忠別川と牛朱別川にはさまれた都心部と農村部の間に位置しており,良好な住宅地が形成されています。特に近年は,市街地の縁辺部にて大規模な宅地開発により新興住宅地が広がり,人口が増加しています。

地域の西側には大型商業施設や商店街が立地し,東地域の中心的な地区になっています。また,環状1号線の沿道では多様な業態のロードサイド型店舗が展開しています。

基北川などの中小河川が市街地を貫流し,また,地域住民の参加により神居旭山通,東光2・3丁目間の通りなどで,木や花による緑化が行われており,水や緑を取り入れた良好な市街地の形成が進められています。  

    地域づくりのテーマ

東地域は,住民の手による道路沿いの花づくりが盛んに行われており,市街地を流れる複数の中小河川や道路沿いの並木などを取り入れた良質な住宅地と,市街地の背後に広がる農地が相互に調和した地域づくりを進めます。東地域では,地域づくりのテーマを『水や緑と調和する住み心地の良い地域づくり』とします。

 

 

水や緑と調和する住み心地の良い地域づくり

  

    地域づくりの目標

   水と緑を取り入れた住環境が良好な地域づくり

地域住民の参加により,地域内を流れる中小河川や道路沿いの花・木による緑化や,並木道のネットワーク化により,水や緑を取り入れた住環境が良好な地域づくりを進めます。

   市街地の背景となる農地を保全する市街地の輪郭づくり

市街地の背後に広がる豊かな農地を保全し,愛宕新川や整備が進められている東

光スポーツ公園とをつなぐグリーンベルトを配置し,市街地の輪郭を形成します。    

    地域づくりの基本方針

(1)  土地利用

愛宕新川や市街地南東側の農地,東光スポーツ公園などをつなぐグリーンベルトを配置することにより,市街地の輪郭を形成し,市街地の無秩序な拡大を抑制します。

環状1号線の外側の住宅地は,北国らしいまち並みづくりなどの住民が主体となった地区整備のルールにより,良好な住環境を確保します。

活気のあふれる地域コミュニティの場となるよう,利用しやすく親しみやすい  地域商業地を豊岡地区に配置します。また,主要幹線道路である環状1号線,神居旭山通,1条通には,地区周辺の住環境に配慮しながら,自動車での利用や日常の消費需要に対応する沿道商業地を配置します。

(2)  都市交通整備

地域内外の連絡性を高める東地域の骨格として,幹線道路である永山東光線の整備を進めます。

移動の安全性や道路空間の快適性に配慮しながら,主要幹線道路や幹線道路を補完する道路の整備を進めます。

広域的なレクリエーションに対応しつつ,自動車以外でも安全に移動ができる地域づくりを進めるため,牛朱別川,忠別川の河川空間,主要幹線道路や幹線道路を活用したサイクルネットワークの形成に取り組みます。  

(3)  公園緑地,河川整備

豊かな自然とふれあいながら,スポーツやレクリエーションなどができる東光スポーツ公園の整備を推進し,グリーンベルトの一部を形成します。

近隣住民の憩いの場として整備されている住区基幹公園の維持保全に取り組みます。また,整備から相当年数が経過している公園については,だれもが利用しやすく,親しみがもてる身近な公園,広場として再整備や改修を進めます。

忠別川,牛朱別川の河川緑地や河畔林を保全し,魚や鳥などが生息する「多自然川づくり」を進めます。また,サイクリングロードなどレクリエーション空間として河川敷を活用します。

市街地のうるおいを高めるため,市街地内を流れる基北川,小股川,ポンウシベツ川,東光川,難波田川などの中小河川を整備します。また,市街地の輪郭を形成している愛宕新川の緑化を進め,水と緑による河川景観を創出します。

下3号線や東光2・3丁目間の通りなどの並木道を保全するとともに,地域になじみのある樹種により,並木道のネットワーク化を進めます。  

(4)  環境保全

グリーンベルトの外側に位置し,都市にうるおいを与える貴重な緑の空間となっている農地の保全に取り組みます。

河川の水質を保全し,快適な生活環境を確保するため,市街地における公共下水道の整備や,農村部における生活排水処理対策を進めます。

 

(5)  景観形成

環状1号線の外側の計画的に整備された戸建て住宅地では,大雪山を遠望する北国らしい良好な住宅地景観の形成を誘導します。また,環状1号線の内側の既成市街地では,既存の樹木の保全や,新たな木や花の育成などまち並みの維持保全に取り組みます。

神居旭山通や環状1号線において,街路樹や花による緑化などに取り組み,道 路景観の向上を目指します。

(6)  都市防災

災害に強い地域づくりを行うため,災害時における避難地を確保するとともに,だれもが安全に避難できるように避難路となる道路のバリアフリー化などを進めます。

災害時の応急対応を効率的に行うため,総合防災センター及び防災に関する情報通信システムを整備します。

東光川など,洪水などによる水害が発生しやすい箇所の河川改修を計画的に進めます。

雪に強い都市づくりを行うため,基北川や東光川など中小河川において,消流雪用水導入による雪処理施設の整備を進めます。  

 

 

 

第2章 地域別構想

 

 

第3節 東旭川地域

  

    地域の特性

忠別川と牛朱別川にはさまれた地域であり,稲作を中心として野菜,花きの生産など多様な農業活動が営まれている豊かな農業地域となっています。また,地域の西側には,東地域の住宅地と連続した住宅地が形成されています。

自然豊かな地域性を活用し,市民の自然学習や森林レクリエーションの場として21世紀の森や,家族連れで楽しめる広域的なレジャー施設として,旭山公園や旭山動物園などが整備されています。

屯田兵の入植により開拓された歴史を伝える旭川神社や旭川兵村記念館など特色のある地域の文化が残されており,歴史遺産を伝承していく取り組みが,地域住民の主体により進められています。  

    地域づくりのテーマ

東旭川地域は,地域の大部分を農地や樹林地が占め,低層の住宅地,計画的に整備された工業団地,自然をいかしたレクリエーション施設があり,ここに住む人,ここを訪れる人がやすらぎを感じられる地域づくりを進めます。東旭川地域では,地域づくりのテーマを『豊かな自然に抱かれたやすらぎのある地域づくり』とします。  

 

豊かな自然に抱かれたやすらぎのある地域づくり

  

3 地域づくりの目標

   豊かな自然と調和できるゆとりのある住宅地づくり

市街地の輪郭の外側に位置する住宅地として,背後に広がる農地や樹林地との調和に配慮するとともに,住宅地に残る歴史資源,自然資源を保存し,コミュニティの中心として活用しながら,緑豊かでゆとりのある住宅地づくりを進めます。  

   旭川の製造業を振興する緑豊かな工業地づくり

旭川工業団地への進出企業の誘致に取り組むとともに,旭川空港や旭川北インターチェンジへアクセスする地域高規格道路の整備を促進し,旭川の製造業を振興する緑豊かな工業地づくりを進めます。  

   農地や樹林地,河川の保全と活用による地域づくり

市街地の背後に広がる農地や旭山などの樹林地,倉沼川などの河川を保全するとともに,これらの自然を活用し,自然にふれながら自然学習やレクリエーションが楽しめる地域づくりを進めます。  

4 地域づくりの基本方針

(1)土地利用

愛宕新川や農地をつなぐグリーンベルトを配置することにより,市街地の輪郭を形成し,市街地の無秩序な拡大を抑制します。

市街化調整区域のうち,主要幹線道路である神居旭山通,東鷹栖東旭川通沿道については都市計画手法を活用し,地域の実情に応じた秩序ある土地利用を誘導します。

グリーンベルト内側の住宅地は,北国らしいまち並みづくりなどの住民が主体となった地区整備のルールの活用などにより,良好な住環境づくりを進めます。

活気のあふれる地域コミュニティの場となるよう,利用しやすく親しみやすい地域商業地を東旭川地区に配置します。また,主要幹線道路である神居旭山通には,地区周辺の住環境に配慮しながら,自動車での利用や日常の消費需要に対応する沿道商業地を配置します。

旭川工業団地は,産業構造に対応した工業・業務施設の集積を目指すとともに,地域高規格道路の整備促進による交通利便の優位性をいかした,工業業務機能の維持・増進に取り組みます。

旭山動物園を中心とした観光,レクリエーション機能を補完・向上させるため,都市計画手法を活用し,周辺地域における秩序ある土地利用を誘導します。  

(2)  都市交通整備

地域内外の連絡性を高める東旭川地域の骨格として,主要幹線道路である東旭川東神楽通,道道旭川旭岳温泉線,道道瑞穂旭川停車場線,永山町 9 丁目・東旭川北 18 丁目間道路線の整備を進めます。

移動の安全性や道路空間の快適性に配慮しながら,主要幹線道路や幹線道路を補完する道路の整備を進めます。

広域的なレクリエーションに対応しつつ,自動車以外でも安全に移動ができる地域づくりを進めるため,忠別川の河川空間,主要幹線道路を活用したサイクルネットワークの形成に取り組みます。

郊外部における維持困難バス路線の代替手法モデルを検討し,公共交通需要に応じた交通システムの導入を推進します。

(3)  公園緑地,河川整備

旭山公園は市街地を眺望できる公園として,貴重な自然資源を保全しながら,自然観察や屋外体験活動などが可能な空間として整備します。また,旭山動物園や周辺との連携を高め,相互利用を促進します。

近隣住民の憩いの場として整備されている住区基幹公園の維持保全に取り組みます。また,整備から相当年数が経過している既存の公園については,だれもが利用しやすく,親しみがもてる身近な公園,広場として再整備や改修を進めます。

忠別川や牛朱別川,ペーパン川,倉沼川,愛宕新川の河川緑地,河畔林を保全し,魚や鳥などが生息する「多自然川づくり」を進めます。また,サイクリングロードなどレクリエーション空間として河川敷を活用します。

東旭川駅前通や悠悠せせらぎ通などの並木を保全するとともに,地域になじみのある樹種により,並木道のネットワーク化を進めます。

豊かな自然とふれあいながらレクリエーションが楽しめる「旭川21世紀の森」の整備充実に取り組みます。  

(4)  環境保全

都市にうるおいを与える貴重な緑の空間として,グリーンベルトの外側に位置する農地や旭山などの丘陵樹林地の保全に取り組みます。

河川の水質を保全し,快適な生活環境を確保するため,農村部における生活排水処理対策を進めます。  

(5)       景観形成

(6)       開拓の歴史を伝える鎮守の森として旭川神社や地域に点在する歴史資源の保全に努め,歴史資源と調和するまち並み景観を誘導します。

面的に整備されている旭川工業団地において周辺環境と調和したまち並みを形成するため,並木の保全や育成に取り組むとともに,植樹や芝生,花壇の造成など緑化を促進します。

神居旭山通において,地域住民が主体となった緑化活動により,道路景観の向上を目指します。

住宅地の背後に広がる農地や丘陵樹林地,あるいは農家住宅の屋敷林や防風林からなる田園風景の保全に取り組みます。

市街地の輪郭や地域の境界となる忠別川,牛朱別川,愛宕新川の河川緑地・河畔林の保全や堤防の緑化などにより,水と緑が豊かな河川空間を創出します。  

(6)都市防災

災害に強い地域づくりを行うため,災害時における避難地を確保するとともに,だれもが安全に避難できるように避難路となる道路のバリアフリー化などを進めます。

斜面の崩壊,土砂流出など災害の危険性がある箇所は,住民への周知やパトロールを行うとともに,樹林地の保全や災害防止工事を進めます。

倉沼川,ぺーパン川など,洪水などによる水害が発生しやすい箇所の河川改修を計画的に進めます。

 

 
 


 

 

 

第4節 新旭川地域

  

    地域の特性

石狩川と牛朱別川にはさまれた 12 地域の中で一番面積の小さな地域です。また,牛朱別川をはさんで中央地域に隣接しており,道路や橋の整備が進んだことで,利便性の高い地域となっています。

地域の西側は利便性の高い住宅地,地域の東側は大規模な製紙工業をはじめ運輸や機械などの工業地となっており,地域の中心部の大雪通(国道 39 号)沿いには多様な業態のサービス業が立地し,住宅や工場などが混在しています。

石狩川の河川敷にはリベライン旭川パークが整備され,市民の憩いの場となっています。また,市立旭川病院や夜間急病センターなど基幹となる保健医療サービス機能が集積しています

    地域づくりのテーマ

新旭川地域は,地域東側の工業地,大雪通(国道 39 号)の沿道商業地において周辺環境と調和したまち並みづくりを進めるとともに,地域西側の住宅地では住環境を向上させ,水と緑をいかした地域づくりを進めます。新旭川地域では,地

域づくりのテーマを『温かいコミュニティが育つ地域づくり』とします。  

 

温かいコミュニティが育つ地域づくり

  

3 地域づくりの目標

   水や緑を身近に感じられる快適な住環境づくり

石狩川や牛朱別川の河川空間,地域内の公園,公共施設などをつなぐ並木道を創出するとともに,住宅と工場の混在を解消し,水や緑が身近に感じられる快適な住環境づくりを進めます。  

   コミュニティの中心となる人の集まる空間づくり

高齢者や子どもを地域で見守る温かい地域コミュニティを形成するため,新旭川駅,新旭川地区センター,新旭川公民館などを活用します。  

   周辺の住環境と調和した工業地,沿道商業地づくり

市街地東側の大規模な工業地や大雪通(国道 39 号)沿道の商業地は,積極的に敷地内の緑化を促進し,周辺の住環境と調和した,うるおいの感じられる工業地,沿道商業地づくりを進めます。  

4 地域づくりの基本方針

(1)  土地利用

利便性の高い住宅地として,公園や河川緑地の整備,道路や宅地の緑化を促進し,うるおいの感じられる良好な住環境を形成します。

主要幹線道路である大雪通(国道 39 号)や永隆橋通には,地区周辺の住環境に配慮しながら,自動車での利用や日常の消費需要に対応する沿道商業地を配置します。

市街地東側の大規模な工業地は,周辺の住環境との調和をとるため,敷地内の緑化や未利用地の有効活用を促進します。また,用途の転換により,住宅と工場

の混在を解消するなど,適正に土地利用を誘導します。  

(2)  都市交通整備

地域内外の連絡性を高める新旭川地域の骨格として,幹線道路である花咲通,永山東光線,金星橋通の整備を進めます。

移動の安全性や道路空間の快適性に配慮しながら,主要幹線道路や幹線道路を補完する道路の整備を進めます。

広域的なレクリエーションに対応しつつ,自動車以外でも安全に移動ができる地域づくりを進めるため,牛朱別川の河川空間,主要幹線道路を活用したサイクルネットワークの形成に取り組みます。  

(3)  公園緑地,河川整備

近隣住民の憩いの場として整備されている住区基幹公園の維持保全に取り組みます。また,整備から相当年数が経過している既存の公園については,だれもが利用しやすく,親しみがもてる身近な公園,広場として再整備や改修を進めます。

石狩川,牛朱別川の河川緑地や河畔林を保全し,魚や鳥などが生息する「多自然川づくり」を進めます。また,サイクリングロードなどレクリエーション空間として河川敷を活用します。

新旭川大通などの並木を保全するとともに,地域になじみのある樹種により,並木道のネットワーク化を進めます。  

(4)  環境保全

大気の汚染を抑制するため,樹木の保全に取り組みます。  

(5)  景観形成

市街地東側の工業地は,周辺環境やまち並みと調和した工業地を形成するため,工場施設の並木の保全や敷地内の緑化を促進します。

大雪通(国道 39 号)や永隆橋通において,街路樹や花による緑化を進め,道路景観の向上を目指します。

地域の境界となる石狩川,牛朱別川における河川緑地の保全を進めながら,水と緑が豊かな河川空間を創出します。

 都市防災

災害に強い地域づくりを行うため,災害時における避難地を確保するとともに,だれもが安全に避難できるように避難路となる道路のバリアフリー化などを進めます。  

 

 

 

 

 
 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                                                                                                              500                                                                                     1000m

 

 

 

第2章 地域別構想

 

第5節 永山地域

  

1 地域の特性

石狩川と牛朱別川にはさまれ,鉄工団地,木工団地,流通団地などの工業・流通地と,南北に広がるせせらぎのある低層の住宅地,さらにその周辺の農地により構成される地域です。

JR永山駅の周辺には,地域の中心となる商店街が形成され,近接して旭川大学や永山市民交流センター,上川総合振興局など教育や行政機能が立地しています。

また,大雪通(国道 39 号)や環状1号線の沿道にはロードサイド型の商業施設が集積しています。

屯田兵の入植により開拓された歴史を伝える永山神社のほか,旧永山戸長役場の復元や開拓当時の建築物をモチーフにしたデザインが永山新川の排水樋門の上屋に採用されているなど,特色のある地域の文化が伝承されています。また,伝統的な「永山屯田まつり」など,地域のコミュニティ活動が盛んに行われています。  

2 地域づくりのテーマ

永山地域は,土地利用が住宅系,工業流通系,農業系に大きく区分されており,これらが相互に調和した地域づくりを進めます。また,建物などをいかし,開拓の歴史を現代に伝えるまち並みづくりを進めます。永山地域では,地域づくりのテーマを『開拓の歴史をまち並みにいかし,住・工・農が調和した地域づくり』とします。  

開拓の歴史をまち並みにいかし,住・工・農が調和した地域づくり

  

3 地域づくりの目標

   住宅地と工業・流通地が調和した地域づくり

地域の中で大きな面積を占める工業・流通地の安全性を高め,親しみやすく,うるおいのある空間とすることで,住宅地と工業・流通地が調和した地域づくりを進めます。  

   開拓の歴史がまち並みに感じられる地域づくり

屯田兵の入植により開拓された地域としての特性をいかし,開拓の歴史を伝える建物の保存や文化の伝承とともに,歴史性を表現するモチーフを積極的に採用し,開拓の歴史がまち並みに感じられる地域づくりを進めます。  

   水と緑の創出によるうるおいのある地域づくり

市街地の輪郭となる河川や農地を保全しながら,水と緑の積極的な創出により,

テキスト ボックス:

これらの自然資源と調和した,うるおいのある地域づくりを進めます。

4 地域づくりの基本方針

(1)土地利用

永山新川や市街地北東側の農地などをつなぐグリーンベルトを配置することにより,市街地の輪郭を形成し,市街地の無秩序な拡大を抑制します。

市街化調整区域のうち,主要幹線道路である環状1号線沿道については,都市計画手法を活用し,地域の実情に応じた秩序ある土地利用を誘導します。

戸建て住宅を中心とする住宅地は,北国らしいまち並みづくりなどの住民が主体となった地区整備のルールの活用などにより,良好な住環境づくりを進めます。

活気のあふれる地域コミュニティの場となるよう,利用しやすく親しみやすい地域商業地をJR永山駅周辺地区に配置します。また,主要幹線道路である大雪通(国道 39 号),環状1号線には,地区周辺の住環境に配慮しながら,自動車での利用や日常の消費需要に対応する沿道商業地を配置します。

鉄工場や木工場などの工業地や流通団地など面的に整備されている既存の工業流通系施設は,周辺住宅地との調和をとるため,敷地内の緑化や未利用地の有効活用を促進します。  

(2)     都市交通整備

(3)     地域内外の連絡性を高める永山地域の骨格として,主要幹線道路である永山町 9 丁目・東旭川北 18 丁目間道路線及び幹線道路として,永山東光線,一番通の整備を進めます。

移動の安全性や道路空間の快適性に配慮しながら,主要幹線道路や幹線道路を補完する道路の整備を進めます。

広域的なレクリエーションに対応しつつ,自動車以外でも安全に移動ができる地域づくりを進めるため,主要幹線道路や牛朱別川の河川空間を活用したサイクルネットワークの形成に取り組みます。

JR永山駅における交通の利便性を高めるため,バリアフリー化や緑化に配慮しながら,利用しやすく親しみやすい駅周辺を形成します。  

(4)  公園緑地,河川整備

動植物が生息できる豊かな自然とふれあいながら,スポーツやレクリエーションなどができる大規模な公園の整備について検討します。

近隣住民の憩いの場として整備されている住区基幹公園の維持保全に取り組みます。また,整備から相当年数が経過している既存の公園については,だれもが利用しやすく,親しみがもてる身近な公園,広場として再整備や改修を進めます。

石狩川,牛朱別川,永山新川の河川緑地や河畔林を保全し,魚や鳥などが生息する「多自然川づくり」を進めます。また,サイクリングロードなどレクリエーション空間として河川敷を活用します。

永山せせらぎ通りや流通団地3条通などの並木を保全するとともに,地域になじみのある樹種により,並木道のネットワーク化を進めます。  

(4)  環境保全

都市にうるおいを与える貴重な緑の空間として,グリーンベルトの外側に位置する農地の保全に取り組みます。

河川の水質を保全し,快適な生活環境を確保するため,市街地における公共下水道の整備や,農村部における生活排水処理対策を進めます。  

(5)  景観形成

永山神社をはじめとする開拓の歴史を現代に伝える施設の保存に取り組みながら,地域の歴史が感じられるまち並みの形成を誘導します。

面的に整備されている工場地,流通地において周辺環境と調和したまち並みを形成するため,並木の保全や育成に取り組むとともに,植樹や芝生,花壇の造成など緑化を促進します。

大雪通(国道 39 号)や環状1号線において,街路樹や花による緑化を進め,道路景観の向上を目指します。

市街地の輪郭や地域の境界となる石狩川,牛朱別川,永山新川における河川緑地や,新永山橋,秋月橋などの保全を進めながら,水と緑が豊かな河川空間の創出に取り組みます。

(6)  都市防災

災害に強い地域づくりを行うため,災害時における避難地を確保するとともに,だれもが安全に避難できるように避難路となる道路のバリアフリー化などを進めます。