旭川市マンション管理士

マンション管理士事務所へ   ようこそ!~


         ☟クリックしてください

マンション標準管理規約、住宅宿泊事業法関連の法令。

平成29年12月26日、国土交通省・厚生労働省より、平成30年6月15日に施行される住宅 宿泊事業法の適正な運営を図るために策定された「住宅宿泊事業法施行要領(ガイドライン)」が、 関係する地方公共団体等へ発出されました。☟クリックしてください

●「住宅宿泊事業法施行要領(ガイドライン)」


旭川市マンション管理士

のご案内!


あなたのマンション大丈夫!高い保険料を払い続けていませんか?
マンション管理適正化診断サービスは無料。まずは診断を!


マンションよろず相談所) 

               マンション管理士とは(略称)区分所有法のエキスパートです!

                 (ィキペディア↑ )                          マンション管理のコーディネーターです!

 

 マンション管理士とは、「マンション管理士試験に合格し、マンション管理適正化法30条1項の登録(国土交通大臣指定登録機関:マンション管理センター)を受け、マンション管理士の名称を用いて、専門的知識を持って、管理組合の運営、建物構造上の技術的問題等、マンションの管理に関し、管理組合の管理者又はマンションの区分所有者等の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業務とするもの」とされています。

 

 マンションの管理には、法律:建築:設備:会計など様々な知識が必要と成ります。全ての分野のエキスパートに成る事は大変難しことですが、全ての分野にまたがる幅広い知識を身に付けたゼネラリストでなければなりません。またエキスパートたる各分野の士業を取り持つ、優秀なコーディネーターでもなければなりません。

 

 他の資格者が行うべき業務である事が法律上も明らかな場合(税理士法第2条、弁護士法第72条など)を除いて、マンションの管理に関する事であれば、いかなる問題であっても対応していけるよう知識の習得に努めることは当然の事であり。 

 マンション管理士制度を創設した国が提唱する「実績の積み上げ」「信頼の獲得」とを常に肝に銘じて管理組合様、入居者様から寄せられる様々な相談に対する助言、指導その他、援助に努めてまいります。

                                                                                                          お問い合わせはこちらから📨

 業務案内

初回,現状把握のための現地訪問相談は無料で行わせていただきます。旭川市内交通費も無料 !

リンク


 ●進化を続けるセメント豆知識! 

 

 生コン工場で作られるコンクリートは、12.15.18.21.24.27.30といった3つごとの強度違いの生コンが調合されて生コン車に積まれ出荷して行きます。数字が高くなるほど、セメントの量も多くいるので、生コンの値段も高くなっていきます。強度が低ければ、セメントの量も少ないので安い。普通のマンションは、24位、大手メーカーには27を選択しているメーカーもあります。高層マンションの場合は、下層階程数字が大きくなる傾向にあります。 

 

 生コン生コンクリート)とは,工場で練り混ぜ(成分表,各種証明書を発行)、施工現場まで配達されるまだ固まらないコンクリート(フレッシュコンクリート)のことです。しかし,JISでは「生コン」ではなく,「レディーミクストコンクリート」という用語を採用しています。レディーミクストとは,「あらかじめ練り混ぜた,すでに練混ぜを完了した」という意味です。

 

・構造物の強度(構造体コンクリート強度)は,設計基準強度を上回る必要があります。呼び強度(呼び強度の強度値)は,レディーミクストコンクリート工場が標準養生(温度20℃,水中養生)において保証する強度,いわゆるポテンシャル強度です。

 従って,施工に際しては,設計基準強度に対して安全率を考慮した呼び強度のコンクリートを使用する必要があります。 日本建築学会の建築工事標準仕様書・同解説(JASS5)鉄筋コンクリート工事では,設計基準強度に強度補正値及び温度補正値を加えた値の呼び強度のコンクリートを使用することを標準としています。

 

・シャブコン:加水したコンクリートを「シャブコン(俗称)」と呼ぶことがあります。原価は安くなるが、強度は極端に落ちる。最近,コンプライアンス(法令遵守)という用語が各方面で使用されていますが,コンクリートを水で伸ばす事は絶対に許されない行為です。

 

 現在の「レディーミクストコンクリート」は、コンクリート工場がセメント、骨材、混和剤などの種類や混合比率の証明書を発行しています。通常のマンションの場合は、水セメント比率55%前後、24N以上、対応年数65年が目安です。